新曲発表!Waikiki Night! (Sequel使ったよ)

新曲が出来ました。タイトルは、「Waikiki Night !」にしました。今後もタイトルにはハワイの地名を使って行こうとおもってます。
今回は、Sequelという新しい音楽ソフトを使ってます。といってもいつもと同じような出来なのでよろしく!

例により、この写真をじっくり見ればいい曲になります。

この手のソフトあまり使ったことがないですが、Sequelの使用感を初心者向けにレポートします。 まずは、新曲「Waikiki Night !」をお聞き下さい。








Waikiki Night ! - music by yanpon
中々いいでしょう。
私の中では、Waikikiは日本でいえば六本木に綺麗な海があるというイメージです。まあ、気候の差で気分はちがいますが。そんな都会のリゾートをイメージして作りました。
Sequelですが、スタインバーグ社というこの手のソフトに関してかなり有名な会社が作る新しく、比較的安価(一万円台後半)なソフトです。
前回説明書なしで使えると書きましたが、本当に簡単操作で初心者の方にはいいと思います。ただ通常のPCだと、ギターやマイク入力付のオーディオインターフェイスを使わないとSequelの性能が生かせないと思います。
私は、以前からもってるEDIROL UA-5FXを使ってます。これも初心者の方に簡単でいいです。


このウインドひとつで全て操作できるので分かりやすいです。
まずリズムトラックを作ります。これは下の操作パネルの「音ネタ」から好みのリズムを選びます。そのままトラックへドラッグして連続コピーします。(上図の青と緑の部分)



「音ネタ」は沢山あって迷います。
ウクレレのバッキングトラックを作ります。UA-5FXに繋いだウクレレでリズムに合わせてひとつフレーズを弾きます。

このとき私にとって凄くいいのが、例えばリズムに合わせてバッキングを1フレーズ分弾きます。はみ出した部分を切り取り削除して連続コピーで完了です。同じ繰り返しは一つ録音すればいいのです。しかも完璧です。

そんな感じでリズム・バッキングができます。

次は、メインのメロディです。同じようにメロディ用のトラックを作り録音です。

これはカラオケ感覚でウクレレ弾けばいいです。

最後に、エフェクト掛けてミキサーで調整し完成です。

ウクレレはウクレレの持ち味を生かすためリバーブくらいだけで十分ですね。

オーディオの書き出しでWAVを選べばSequel上で再生したままのイメージで書き出せます。

そのままWAVを音楽CDに焼いたり、Sequelでは出来ませんが他のソフトでmp3とかAACとか使いたいフォーマットに変換すれば用途も広がります。

とにかく、このSequelでウクレレの録音は楽になり曲作りも楽しくなってきました。

この辺の事は、IWAOさんが相当な達人です。IWAOさんの場合は全てプロフェッショナルの機材・ソフトをお使いです。(IWAOさんはプロ中のプロです)

私もこの分野に進出でIWAOさんと共通点が出来ました。今度上手い使い方を教えてもらおうかな!(なんちゃって!)


コメント

  1. IWAOさんのブログに、「Sequel使って曲作ってみましたので聴いてみて下さい」とコメント入れたら、「アンビエントな感じで気持ちいいですね。ウクレレ、良い音で録れている」と感想くれました。

    IWAOさんからの評価です。嬉しいですね。まあ、無理矢理聴いてもらったのですがね・・・。

    ところで、アンビエントって何だ、ということで調べました。環境だそうです。聴く人が自然に受け入れられるような気持ちのいい音楽ということみたいです。

    返信削除
  2. ゲストユーザ2007年10月30日 0:30

    新曲聴きました~。曲名の通りWaikikiの夜を想い浮かべながら曲にうっとり。ナチュラルな感じがいいのでは。

    Waikikiの夜にぴったりって感じでしたね、いい曲できましたね。

     

    返信削除
  3. コメントありがとうございます!

    Waikiki Night ! 気に入って頂いたみたいで嬉しいです。さりげなく聴いてもらうといい気分になるかもしれません。

    waikikiは、昼は勿論ですが夕暮れから夜にかけての時間もいいですね。

    メインを昼のビーチから街の通りに移して賑わいますが、東京の街の賑わいとはまた違っていい感じですよね。あ~行きたい!

    返信削除
  4. 今晩は!Waikiki Night聴いちゃいました。とても、落ち着く曲ですね。音も奇麗に聴けましたよ。

    腕上げましたね!

    返信削除
  5. ottoさん コメント有難うございます。

    綺麗に取れてるのはSequel使ったこともあると思います。

    「腕上げましたね!」という事は今までの曲も聴いて頂いたのですね。有難うございます。

    時間があれば、今までの曲もSequelで採り直すことも考えてます。でも新曲作った方が楽しいのでどうしょうかな?

    素人の趣味ですので、のんびりと楽しく作っていきますので今後ともヨロシクね!

    返信削除
  6. Waikiki Nighr聞きました。すごく夜っぽい感じがいいです。
    僕はLogic proでバッキングを作っています。前はgarage bandを使っていましたが最近Logicにかえました。Logicは音源が豊富でエフェクトもすごく充実しています。ただあまりに音源が多いので、自分が気に入る音にたどり着くまでに時間がかかるのが難点です。この前の楽器フェアでもいろいろと見学しましたが、最近のDTMは種類が多く、どれがいいのかよくわかりませんでした。
    僕はまず、ウクレレのフレーズから入り、それにリズム、ベースと加えていきますが、いろいろと音が出せるために、かえって曲のImage が始めとかわってきてしますような気がします。
    前にGarage Bandを使っていたときの方が、最初のImgeが忠実に出たような気がするのですが、まだLogicを使いこなせていないのかもしれません。またいろいろと教えてください。

    返信削除
  7. Daiくんコメントありがとうございます!

    Waikiki Night ! のありがたい評価、ありがとうございます!こういう評価を貰うと、更にいい曲作ろうという意欲がでちゃいますね。

    Logic proを使ってるのですか!IWAOさんも、MacでLogicはミュージシャン方々にかなり人気があると言ってました。

    IWAOさんは、デジタルパフォーマーをメインに使ってるそうですがgarage bandも使う事もあるそうです。

    作る目的によって使いやすい道具(ソフト)を使い分けているという事と思います。

    だから、もしその曲がgarage bandでいい感じで作れればそれはそれでいいのではと思います。(プロレベルの入力や出力に耐えるかは分かりませんが))

    私が最近買ったSequelは、かなりgarage bandを意識したソフトみたいです。

    このSequelも、例えばリズムの部分を作る時、音ネタから探すのに多すぎて大変です。いいなと思っても余計な部分が入ってたりします。その時は、余計な部分を切って使ったりしてます。

    他の音ネタも試しますが使いすぎると何か変感じになったりするので、なるべくシンプルにしてます。(シンプルにしないと上手く出来ないだけですが)

    この辺は、達人のIWAOさんが相当詳しそうです。聞きに行くのもいいかも知れません。なんなら私も一緒に(なんちゃって!)

    曲作りに関してもいろいろあると思いますが、これからもいい曲作って私たちを楽しませて下さい。それでは!

    返信削除

コメントを投稿