ウクレレでの音楽作成をアップグレード

以前、ウクレレの録音のことを書きましたが、今の環境では自分の弾いたウクレレ音のみしか使えませんでした。


そこで、せめてリズムだけでもを加えられたらいいと思いいろいろ探してました。


IWAOさんはmacをお使いなので、それをIWAOさんのブログで教えてもらいました。

その結果macを買えば付いてくる「ガレージバンド」というソフトが簡単で使いやすい事が分かりました。

IWAOさんは「デジタルパフォーマ」というより高性能なソフトをメインに使ってるそうですが、「ガレージバンド」も使うこともあると言われてました。


しかし私はmacを持ってません。


macを見たいのと「ガレージバンド」のようなwinのソフトを探しに久々に秋葉原に行ってきました。




行った店は、ソフマップMac・クリエイターズ館の5階にあるソフマップ CREATORS LANDで、macと音楽作成用のもろもろ一度にみられる所です。



店員さんに自分のやりたい事を説明したら、macで「ガレージバンド」が簡単で使いやすいがwinでやるなら最近出たSteinbergの「シーケル」というソフトがいいと薦めてもらいました。


この「シーケル」は、ヤマハが販売してるようです。値段は、一万円台後半でかなり安い方のぶるいのソフトです。


店員さんの話ではパソコンのパワーが要求されるようで、私のパソコンでぎりぎりな感じでした。

心配だったため、その場で購入せずいったん帰りネットでデモ版をダウンロードし試しました。


Home  Sequel  Steinberg Media Technologies GmbH


pen4, 2.4GHzの私のパソコンで一応問題なく動きました。


使い勝手はちょっと触ってれば説明書を頼らずに使えそうです。


と言うことでソフマップ CREATORS LANDで購入しました。


買った「シーケル」はまだ到着してませんが、デモ版で今度の新曲の一部を作りました。


 









殆どいじらない状態で作りました。どうです、いいでしょう!


安い・簡単・高音質と揃ったいいソフトが手に入り、今後は「シーケル」を使いレポートを含めオリジナルを作成していきます。



コメント